初めてのキャッシング利用がアコムでした。アルバイト先の突然の閉店と、体調不良で一か月仕事ができない状況になり、繋ぎで生活費が必要になったのです。
とにかく勢いをつけて申し込みたかったので、よく利用する駅前にあったアコムの無人契約機に飛び込みました。有名な大手キャッシングなので、安心感はありました。申し込みの際の必要事項などは事前に調べていったので回答に困る事はありませんでしたが、とても緊張しました。
ただ、無人契約機なのに個室がとても綺麗で、ソファもフカフカで、無人なのでもちろん人はいないのですが応接室で丁寧に接客されている気分でした。今までのキャッシング業者のイメージがかなり変わりました。
在籍確認などを含めて1時間もかからないうちに審査結果がでました!案外あっさりと借りることができてびっくりです。
一時的にまとまった金額が必要だってので本当に助かりました。10万円の枠で申し込みをしていたのですが、きっちり完済し助かりました後、利用可能額の増額をしてもらえました。急な結婚式や帰省などの時に利用させて頂いています。
前に住んでいたマンションから急に引っ越しをしなくてはいけなくなりました。とても気に入っていたマンションだったのですが、仕方がないので引越しの準備をする事にしました。
引越しには意外と費用がかかるもので、そのために貯金を下ろしたのですが、それでも足りそうにはありませんでした。引越しまでもうあまり日がなく、それまでに給料日もないので、借入れをしてしのぐしかありません。私は家の近くにあったプロミスでお金を借りようと思いました。どうしてプロミスにしたかですが、家から近いのと、返済をスマホなどで出来ると聞いたからです。
スマホを使って返済出来るのなら、わざわざ店舗に行って返済する必要もありませんし、好きな場所から好きな時間に返済が出来て便利ですよね。仕事で何かと忙しいのでそれはかなり助かるサービスだと思ったのです。それに、会員サービスに登録すればかなりお得なサービスがあるというのも大きな理由でした。プロミスで借りて大正解でした。

息子たちのために

過去に利用してきた消費者金融は大手ばかりです。今回はまだ利用したことがないという理由で、アコムを利用しました。アコムに限らず大手消費者金融は初回借り入れ時に30日間金利が0円になるキャンペーンをやっていることが多く、アコムもまたその例外ではありません。私が借り入れしたお金の使い道は、息子たちが夏休みで、突然キャンプに行きたいと言い出したことがきっかけです。正直仕事も忙しかったので、そんな暇はないと言いたかったんですが、確か去年も同じようなことを言ってどこにも連れて行ってやれなかったので、疲れた体に無理をしてキャンプに連れて行ってやることに。妻には話してあったみたいですが、現金が足りないとこっそり言われて、諦めようとも思いました。かなり盛り上がっている息子たちにやっぱりキャンプは辞めるとも言えず、仕方がなく消費者金融を利用することにしました。そこでアコムを利用したのです。申し込みから審査までは慣れた物で、緊張は0。即日融資で帰りには借り入れできたので、アコムを利用して良かったと思います。
アコムと言わずに、全ての消費者金融に対して利用しないようにしてきましたが、社会人として金銭的に頼るところがないので、大きな不安を常に感じていました。少し前にお金に困ることがあって、クレジットカードを利用することにしました。しかし、クレジットカードが申し込みから約1ヶ月掛かるとは知らず、クレジットカードが届くのを待っていたら、金欠で生活が成りたないことに気付きました。すぐにお金おを借り入れすることができるとこを探していたら、アコムに出会いました。アコムは即日融資はもちろんのこと、最初の借り入れは30日間金利が0円です。かなり借り入れしやすいと思いましたが、金利が怪しいと思い、調べてみると全然普通です。これは今まで先入観で利用してこなかった自分がバカみたいと思えるほどに便利です。
申し込みの必要書類も少なくて簡単。審査時間も短くて本当に助かりました。生活も何とかなったので、まずは返済を頑張り、また困ったことがあればアコムを利用したいと思います。

アコム限度額の決まり方

初めての借入れに消費者金融のアコムを選ぶ方が増えています。
キャシングが初めてのときは、誰でも不安を感じるものですが、「いくらまで借りれるか?」という点に関心があると思います。

アコムでいくらまで借りれるかは、カードローンの審査結果にもよりますが、総量規制を理解することで、ある程度の目安は知ることができます。

総量規制というのは、アコムやプロミスのような消費者金融が融資する場合の限度額を法律で決めたものです。
具体的には、「年収の3分の1を超える融資とならないように」という基準ですので、自分の年収の3分の1までは借りられることが予想できます。

たとえば、毎月10万円のアルバイト収入がある方の場合なら、年収120万円となりますので、その3分の1の40万円が限度額の目安となります。

ここで注意しなければならないのは、「年収の3分の1」がアコムからの融資だけではないということです。
消費者金融すべての借入額の合計が年収の3分の1を超えてはいけない、という規則ですので、プロミスやノーローンからの借入れがある場合は、それも含めて年収の3分の1までという意味です。

しかし、銀行のローンは計算に含みませんので、バンクイックやレイクからの借入れがあっても大丈夫です。

このようにアコムの限度額は、総量規制によって決まる部分がありますので、よく理解して申込むと安心です。
高額な融資が必要なときは、アコムだけではなく、銀行のローンも組み合わせるようにすると、より高額な融資が見込めるのではないでしょうか。